むち打ち症について


皆さん、『むち打ち症』という言葉を聞いたことがありますか?

『むち打ち』とは正式な疾病名ではなく、主に自動車の追突・
急停車などによって、頚が鞭のようにしなったために起こる
症状を総称したものです。

正式には『頸椎捻挫』『頚部損傷』と言います。

それは頚の関節軟部組織(靭帯や筋肉などレントゲンには
写らない組織のこと)の損傷であり、私たち柔道整復師の専門分野です。

病院でも専門の診療科があるように、交通事故のむち打ち症にも
専門の治療が必要となります。

交通事故の身体への衝撃はかなり強いものなので、事故直後に
痛みが出ていなくても、少し経ってから出てくる場合があります。

事故のあと、早めに治療を行うと、治癒も早くなります。

事故の痛みでお困りの方が周りにいらっしゃいましたら、
整骨院で治療ができることをぜひ伝えてあげてください。

お困りの方はぜひご相談ください。

南流山駅前整骨院
千葉県流山市南流山2-2-8
℡:04-7158-5511

 


[ 2017年2月22日 ]
お気軽にお問い合わせください

▲ページの先頭へ戻る