むちうちなら南流山駅前整骨院

ランナー膝(腸脛靭帯炎)|南流山駅

ランナー膝 (腸脛靭帯炎)

ランナー膝 (腸脛靭帯炎)でこんなお悩みありませんか?
・痛みを我慢して走っている
・テーピングを巻かないと不安

ランナー膝とは、ランニングによる膝関節周辺のスポーツ障害の総称で、さまざまな状態が含まれます。
腸脛靱帯(ちょうけいじんたい)が膝部外側で摩擦し、痛みが発生します。腸脛靱帯炎はランニングによる膝の障害の代表です。

ランナー膝 (腸脛靭帯炎)の症状
ランニングやジョギングの過度により起こる症状で、大腿部外側の腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)に炎症症状を起こし、膝蓋骨(膝のお皿)と大腿骨が擦れ合い、膝の周辺で特に外側に強い痛みが
起きて屈伸運動などが不可能になります。

ランナー膝への治療法
まずは、患部の安静、ランニングの休止が重要です。
大腿筋膜張筋など股関節外側部を主としたストレッチの強化、物理療法やテーピング療法なども行います。
対策としては、土踏まずをサポートする中敷きや衝撃を和らげるクッション性が高いシューズも有効です。
ランナー膝は痛みが消えるまでランニングは極力控えて水泳などで体力を維持することも大事です。

南流山駅前整骨院
流山市南流山2-2-8
TEL:04-7158-5511

[ 2014年7月22日 ]

南流山駅前整骨院のご案内

【住所】〒270-0163 流山市南流山2-2-8 【電話】TEL:04-7158-5511

南流山駅前整骨院景観
受付時間(日曜定休) 土・祝
9:30 ~ 12:30 8:00 ~12:30
15:30 ~ 21:30 15:00 ~ 17:00
当院までの地図

JR武蔵野線・つくばエクスプレス 南流山駅 南口から徒歩1分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

駐車場2台あります。

駒木、大字東深井、大字鰭ケ崎など広く地域の方にお越しいただいております。

○ JR武蔵野線・つくばエクスプレス 南流山駅 南口から徒歩1分

JR「南流山駅」→ 1分
つくばエクスプレス線は出口A1に出て右に曲がります
1.つくばエクスプレス線は出口A1に出て右に曲がります
武蔵野線は改札を出たら左に曲がります
1.武蔵野線は改札を出たら左に曲がります
タクシー乗り場を直進し横断歩道を渡ります
2.タクシー乗り場を直進し横断歩道を渡ります
横断歩道を直進すると右側に本屋さんがあります
3.横断歩道を直進すると右側に本屋さんがあります
その隣が当院になります。ご来院お待ちしております
4.その隣が当院になります。ご来院お待ちしております
お気軽にお問い合わせください

▲ページの先頭へ戻る

当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する