ランナー膝(腸脛靭帯炎)|南流山駅

ランナー膝 (腸脛靭帯炎)

ランナー膝 (腸脛靭帯炎)でこんなお悩みありませんか?
・痛みを我慢して走っている
・テーピングを巻かないと不安

ランナー膝とは、ランニングによる膝関節周辺のスポーツ障害の総称で、さまざまな状態が含まれます。
腸脛靱帯(ちょうけいじんたい)が膝部外側で摩擦し、痛みが発生します。腸脛靱帯炎はランニングによる膝の障害の代表です。

ランナー膝 (腸脛靭帯炎)の症状
ランニングやジョギングの過度により起こる症状で、大腿部外側の腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)に炎症症状を起こし、膝蓋骨(膝のお皿)と大腿骨が擦れ合い、膝の周辺で特に外側に強い痛みが
起きて屈伸運動などが不可能になります。

ランナー膝への治療法
まずは、患部の安静、ランニングの休止が重要です。
大腿筋膜張筋など股関節外側部を主としたストレッチの強化、物理療法やテーピング療法なども行います。
対策としては、土踏まずをサポートする中敷きや衝撃を和らげるクッション性が高いシューズも有効です。
ランナー膝は痛みが消えるまでランニングは極力控えて水泳などで体力を維持することも大事です。

南流山駅前整骨院
流山市南流山2-2-8
TEL:04-7158-5511


[ 2014年7月22日 ]
お気軽にお問い合わせください

▲ページの先頭へ戻る